中学受験コース/直井メソッド 国語専門塾 個別指導 中学受験 自由が丘

HOME >中学受験コース

国語には「合理的な勉強方法」があります

国語の勉強で、こんなことに困っていませんか?

たくさん勉強しても、国語の偏差値があがらない。
進学塾の宿題を解くのに時間がかかって、復習もうまくできない。
算数はできるのに、国語の点数は安定しないで足を引っ張っている。
そもそもテキストに書いてある文章の意味がわからない。
点数が上がりやすい算数や理社ばかり勉強して、結局、国語は勉強していない。
進学塾の志望校クラスに入りたいが、すでに上位と差がつきすぎている。
志望校の過去問題が難しく、今の実力で解けるようになるか不安。
漢字の練習をしているのに、書取りでは点が取れない。

もし、こんな状況なら、勉強方法を変えた方が得策です!

本来、中学受験の国語は、たとえ上位校であっても誰でも合格ラインに手が届く試験です。

なぜなら、天性に与えられている言語の学習力は誰でも平等で、小学生のうちは最も学習能力が高いからです。問題文が難しいので、一見解くのが大変そうに見えますが、構造読解法®と解法テクニックを知っていれば、国語は安定した得点源になります。

それなのに、国語の点数が伸びないからと言って、ケアレスミスの注意ばかりしたり、疲れきるまで勉強させたりしても、ますますうまく行かなくなるだけです。本当は勉強しているお子様自身が、一番国語をわかるようになりたいのです。このまま、「国語の勉強をどうしたらいいか、わからない」という状態が続くと、せっかく頑張っても、思うような成果につながりません。

でも、直井メソッドの合理的な勉強方法に切り替えると、受験勉強がこんな風に変わります。

受講者の声

S.Hさん 栄光学園 浅野合格

 S.Hさん(お母様)
 3年生の終わりに受けた受験塾の入塾テストで、高得点の算数に比べ国語の成績が低いという結果でした。2教科合計でのクラス分けということは、算数が苦手だけれど国語は得意という子も同じクラスにいるわけで、これではあまり意味がなく、まず入塾前に国語を強化しようと考えました。
 入塾してからは、もともと算数が得意なため、論理的に考える直井メソッドはわかりやすかったようで、次第に安定して良い偏差値をとることができるようになりました。
 受験のための勉強ではありましたが、身についた読解力や記述力は今後の息子の人生に大きく役立つものだと思っています。○○先生には大変お世話になりました。親子ともども感謝しております。
   

国語専門でマンツーマンの指導方法が、受験にも強い理由

 では、なぜ進学塾の宿題や市販の問題集などを一生懸命にやっていても、偏差値があがらなかったり、肝心の志望校対策がうまく行かなかったりするのでしょうか。一般的に行われている国語の指導方法や受験対策と、合理的な直井メソッドの指導方法を比べてみてください。

一般的な指導方法 直井メソッドの指導方法
読解法・学習法
の指導
■ テキストは、生徒の国語力とは関係なく、学年別カリキュラムで決まったものを使う。

■ テキストが、テスト形式になっている。「読解法」を教えるために作られていない。

■ 授業は問題文の説明が中心。読解法をやるかどうかは、各講師の力量にまかされている。

■ 問題文の種類による読み分けを指導しないので、物語の長文だと時間がかかり、論説文だと内容把握が出来ないなどの問題が生じやすい。

■ 詩は入試に出ても、解答の解説しか行わず、読解法にはまったく触れない。

■ 漢字はテキストを使って書取り中心で行うが、定着しにくく、苦手な場合は点数が伸びない。
■ テキストは、生徒の国語力にあったものを使い、国語力の向上に伴ってレベルを上げていく。

■ 「文章の仕組みがわかる本」と図解オリジナル教材により、構造読解法をマスターする。

■ 構造読解法により、問題文と設問との関係を理解しながら読む練習をする。

■ 問題文別の読み方のコツを教えるので、詩やエッセイなど、読解が難しい文が出る学校でも、解けるようになる。

■ 詩は、本質的な意味理解を重視し、高度な比喩も図解で解説する。

■  漢字は漢字キューブを使って、熟語の構成と意味記憶法を指導するので、語彙として定着するようになる。
解法テクニックの指導 ■ 解法テクニックのノウハウが開発されていないため、指導内容は各講師の力量にまかされている。講師によっては、型にはまった意味のない指導すら行われている。

■ 講師が知識やお手本として教えるので、その場でできるようにならない。

■ 記述式問題の指導は添削中心なので、間違いの原因がわからず、なかなか上達しない。基本的な文の書き方を指導しないので、文脈がおかしい文を書いてしまう。

■ 実力以上の問題が出た時の対処の仕方を教えないので、テストに不安を抱きやすい。
■ 全30種類ぐらいの問題に対して、それぞれの解法テクニックを教えているので、どうしたら正解が導けるのかが、方程式を解くようにわかる。

■ 教えながら、その場で練習して「できるようにする」ので、実力になる。

■ 記述式問題は、解法と文法の基本から教えるので、得点ポイントに合わせた解答が自分の力で書けるようになる。

■ 解けない場合のリカバリーの方法や、時間配分も教えるので、テストの点数が崩れにくく、満点近く取ることもできる。
志望校対策 ■ 模試の偏差値を基準にして、志望校を決める。合格実績のために、希望しない学校も受験させる。

■ 過去問題演習を繰り返すだけで、志望校の傾向に沿った指導は特に行わない。解答を覚えてしまい、解けた気になってしまうので、入試本番では苦戦してしまう。

■ 過去問題練習は、受験直前の秋~冬ぐらいからやるので、その学校の問題種別が不得意な場合は間に合わないことがある。
■ 本人の志望校を尊重して、最適の解法練習を行い、実力で合格者平均を超えられる指導をする。

■ 過去問題演習は、傾向に沿った解法と時間配分を指導し、直近の問題を初見で解ける実力をつける。入試でも国語で安定して点数を稼げるようになる。

■ 実力がついた段階で過去問題に取り組ませ、初見で合格者平均を超えられるように、計画的に過去問題を使ってトレーニングする。

合格実績

中学受験生の数は年によって違いますが10名弱での実績です。トップ校を目指す方、中堅校を目指す方など様々ですが、どの学校でも指導可能です。多くの生徒さんが、偏差値5~20アップしたり、過去問題が数十点アップしたりと、国語が伸びて合格を勝ち取っています。小学生は直前で伸びるケースも多く、効果的な志望校対策によって、「チャレンジ校判定」から逆転合格するケースも見られます。下記の合格校の他にも、ご要望に応じてオーダーメイドの対策を行います。
 
2017年度 ●中学受験 麻布 開成 武蔵 桜修館 西大和 聖光学院 栄光学園 浅野 暁星 立教池袋 都市大附属 高輪 成城学園 都市大等々力 成城中学 世田谷学園 神奈川大附属 桐蔭学園 桐蔭学園(理数)法政中学 法政第二 筑波大附属(内進)成蹊 三田国際 明大中野八王子 山手学院 芝浦工大 栄東(東大・A) 愛光など

2016年度 ●中学受験 女子学院 慶應中等部 豊島岡女子 栄光学園 浦和明の星 フェリス 洗足学園 浅野 世田谷学園 都市大附属 法政第二 日大日吉 東京女学館 明治学院 大妻 大妻(中野)桐蔭学園(帰国)昭和女子大附属など

2013~2015年度 ●中学受験 麻布 栄光学園 慶応普通部 渋谷教育渋谷 聖光学院 早稲田中学 サレジオ学院 洗足学園 東洋英和 学習院 都市大附属 攻玉社 巣鴨 高輪 鎌倉女学院 山脇 鎌倉学園 逗子開成 公文国際 桐蔭学園 都市大附属 共立女子 八雲 香蘭 晃華学園 品川女学院 武蔵高校附属 玉川聖学院 多摩大附属 桜美林 大妻多摩 鶴見大附属中(難関進学)鶴見大附属中(進学)淑徳 神奈川学園 聖学院 栄東 三田国際インター 芦屋国際中など

集団塾のテキストもフォロー

当塾は、基本的には国語単科指導のため、集団指導の進学塾を併用される生徒さんが多くいらっしゃいます。オリジナルテキストを使用するだけでなく、塾で使っているテキストや模試をフォローすることも出来ます。これらのテキストを構造読解法で理解しなおすことで、より理解が深まり、実戦力が高まります。特にSAPIXのテキストは、長文で記述式の問題が多く、上位のクラスのお子さんでも苦戦することが多いですが、当塾では読解法をきちんと指導することが出来ますので、勉強のストレスが軽減します。
 
よく併用される塾
 ●SAPIX 早稲田アカデミー 日能研 四谷大塚 栄光ゼミナール グノーブルなど
上記以外の塾でも、中学受験向けのテキストはすべて対応出来ます。

実力ある講師陣

 国語指導にプロ意識のある実力ある講師たちが、図解教材を使って理解を進めたり、構造読解法で受験用のテキストや入試問題を指導します。在籍している進学塾のテキストを使った指導も行えます。授業中は絶えずヒアリングして理解度を確認し、正しい思考過程を追えるようにトレーニングします。
 一般的な個別指導塾では、学生アルバイトを雇ったり、個別指導とは言っても多人数で学習管理中心の指導を行なうこともよくありますが、当塾は社会人プロ講師がマンツーマンで教えるので、授業の質がまったく違います。また、担任としてお子さんの心をしっかりつかみ、ご家庭と連絡を取りながら、厳しい受験勉強を精神面でも支えます。

**まずは、無料体験授業・国語教育相談をお申込み下さい。**

直井メソッドのマンツーマン授業は、お子様の現在の国語力に合わせたオーダーメイド。講師との会話によって思考力が引き出され、「わかった!」「できる!」という自信を持っていただけます。授業の後、お子様からは「これが国語の勉強なの?楽しかった!」という感想をよく頂いております。そして、ここからが、国語力アップのスタート。

国語はすべての教科の基礎なので、早く始めれば、学校のテストは100点が当たり前になり、受験でも苦労しません。遅くなるほど、学校や受験勉強のカリキュラムが先に進んでしまい、「追い付くため」の学習スタイルになってしまいます。早めのスタートをお勧めします。

※マンツーマン授業のため、コマ数に限りがあります。
空きが無い場合は、お待ちいただくことになりますが、ご容赦ください。

著書のご紹介

 

マスコミ掲載履歴


2017年7月

業界誌「塾と教育」の特集「これから必要とされる国語力とはなにか?-思考力、判断力、表現力、読解力、記述力を養うために-」に、当塾の記事が掲載されました。

 

 

2012.05.19

「本物の作文力が身につく作文教室」(学研ムック)に、母+国語の記事が掲載されました。

 

 

2012.03.20

朝日小学生新聞「朝日おかあさん新聞」特別企画「子どもと作文」で作文の取り組み方についての記事が、掲載されました。

 

 

2010.06.17

「頭のいい子の育て方vol.12」(学研ムック)で、読解の勉強の仕方の記事が、4ページの誌面で紹介されました。

 

 

2008.05.15

TBS放送「ピンポン!」で紹介されました。

 

 

2008.05.15

産経新聞の記事「頭の中の頭の中整理整頓」に掲載されました。

TOPに戻る