国語力とシステム思考の関係 – 直井メソッド国語専門塾 【ブログ】
国語の個別指導なら直井メソッド国語専門塾
平日 14:00〜20:00
土曜 10:00〜18:00

国語力とシステム思考の関係

ある方と作文教室の経営の話をしていて

規模が大きい作文・読解専門塾では

コンピューターシステム系の仕事ができる方が

意外と経営者になっているケースが多いことに気付きました。

逆に、文章が得意だから教えている

という経営者さんの場合は、

意外にメソッドが充実していないのです。

これは、

英語が得意だから英語の先生になる

国語が得意だから国語の先生になる

という方が、

できない生徒さんをあまり上手に教えられないのと同じです。

ことさら努力しなくてもできるようになったので

その経過をうまく伝えることができないのです。

これは、いろいろなことで共通しています。

スポーツの一流のコーチが一流の選手ではなかった

というのもよくあるケースです。

逆に一流の選手だった人が監督になると、

うまくチームを引っ張れないということもあります。

天才と言われる人が、人口の3%ぐらいだとすると

いろいろなジャンル(例えば言語能力)に、

それぞれ天才と言える人がいます。

天才の場合は、環境さえきちんとしていれば、

自分で伸びていきます。

けれども残り97%の人は、


適切なメソッドで教わったほうが


伸びる人たちなのです。

国語という教科は、

システマティックに教えることが難しいですが

それが、意外にシステムと親和性があるというのは

わたしの経験にもあります。

一時、主婦業が長くなったので

頭のリハビリのために、国家試験を受けたことがあり

その時は、ソフトウエア開発技術者に合格した数ヵ月後に

マンション管理士に合格しました。

法律の勉強は初めてでしたが、

もっとも文法が難しい法律用語の試験で

論理的な思考力が役にたったのです。

合格率7%の試験でしたが、

勉強に要したのは10日あまりでした。

システマティックに読み解く過程というのは


追跡ができるので


誰でも理解することができるのです。

ストラクチャー・リーディングの読解メソッドは

そうした論理的思考力をベースにしています。