直井メソッドとは?

皆さんは、勉強ができる子・できない子の差がつく原因をご存知ですか?

特に「国語」という教科は、母国語である「日本語」がベースになっているので、生まれつきの学習能力には大差がないはずです。それでも成績に差が付くというのは、不思議ではありませんか?

「直井メソッド」は、こうした学力差がついてしまう根本原因を、直井明子代表が追求し、そのソリューションを体系立てたものです。その実践の場が、直井メソッド国語専門塾であり、メソッドを反映したオリジナル教材群となります。

「直井メソッド」は、単なる個人的な国語の教育法ではありません。言語学習の発達段階や視覚認知、文章構造理論とその入試問題への応用などを、体系立てたものであり普遍性があります。 そのため、直井自身ではなく、メソッドの研修を受けた講師が国語専門塾で教え、指導効果を上げ続けています。

右脳認知による教育方法


...img here
認知方法の推移

直井メソッドの国語教育法の特徴は、右脳認知と、英語などのスタンダードな語学学習方法を、国語学習に適用した点にあります。

右脳認知による教育方法は、民間教育で主として幼児教育分野で実践されてきました。「赤ちゃんはみな天才だ」とグレン・ドーマンが提唱してから、幼児英才教育が盛んに行なわれました。右脳認知(視覚認知)が優位な年齢の発達段階に応じた学習方法です。この認知方法に沿った学習方法を行うので、どの子も天才といえる素晴らしい学習成果が出せるのです。右脳認知の優位性は、小学生の高学年まで続きます。

例として、中学受験の算数では、X(エックス)を使った方程式を、視覚認知による特殊算のパターンとして教えます。この方法は大人にとってはまどろっこしく感じられますが、子供にとっては、たとえトップ校を狙えるほど成績優秀な場合でも、方程式を使って解くことは困難で、特殊算を使う必要があります。しかし、中学生になって左脳優位になったとたん、誰でも方程式で当たり前に解けるようになるのです。

しかし、これまで、幼児教育で当たり前に行われている右脳認知は、学校教育で習うレベルの学習内容には適用されてきませんでした。幼児教育の後には、左脳認知による文字と数字が並んだプリント学習方法がスタンダードになっています。せっかく蓄積した学習効果は活かされにくくなり、ドリルなどの大量の学習内容を、左脳で非効率に学習する方法に切り替わるのです。このミッシングリングとも言える「右脳認知により、発達段階に応じて、小学校教育の内容を教える教育方法」が、「直井メソッド」です。

約10年の歳月をかけ、2020年8月現在、「図解国語マスター」WEBアプリによる基礎力育成と、読解テキスト教材による読解トレーニングを合わせた「国語ラボ」学習コースを、広くご提供できる準備が整いました。

現在、直営のスクール事業としては、国語専門塾だけになりますが、実は算数についても、ガリレオ算数という独自教育メソッドがあり、WEBアプリによる学習が可能です。(2020年10月公開予定)国語と算数の教材共に、国際特許を含め、国内でも複数の特許を取得しているオリジナルのものばかりです。

幼児から小学生にかけて、国語と算数を直井メソッドで学ぶことで、ストレスフリーの学習ができるようになり、勉強ができる子ばかりになるはずです。次世代型ともいえるこの新しい学習方法を、是非取り入れてみて下さい。



Contact Us

無料体験授業・お問い合わせ

電話番号
自由が丘校・用賀校

0120-415-595

平日:14:00〜19:00
土曜:10:00〜18:00

電話番号
オンライン校・国語ラボ

044-948-8418

平日:14:00〜19:00
土曜:14:00〜18:00

直井メソッドのマンツーマン授業は、生徒さんの現在の国語力に合わせたオーダーメイド。講師との会話によって思考力が引き出され、「わかった!」「できる!」という自信を持っていただけます。授業の後、生徒さんからは「これが国語の勉強なの?楽しかった!」という感想をよく頂いております。

国語はすべての教科の基礎なので、早く始めれば、学校のテストは高得点が当たり前になり、受験でも苦労しません。遅くなるほど、学校や受験勉強のカリキュラムが先に進んでしまい、「追い付くため」の学習スタイルになってしまいます。早めのスタートをお勧めします。

※マンツーマン授業のため、コマ数に限りがあります。空きが無い場合は、お待ちいただくことになりますが、ご容赦ください。