構造読解って何?【国語専門塾の活動を紹介】 – 直井メソッド国語専門塾 【ブログ】
国語の個別指導なら直井メソッド国語専門塾
平日 14:00〜20:00
土曜 10:00〜18:00

構造読解って何?【国語専門塾の活動を紹介】

直井メソッドでは、国語の勉強法の一つとして、構造読解法を行っています。ただの読解ではなく、「構造読解」と名付けているのは、文章の構造に沿って読解するからです。
ところで、国語の問題のパターンが、大まかに言うと「どんな」「なぜ」の二種類であることにお気づきでしょうか?
「どんな」は詳しく置き換えるという趣旨の問題です。
「なぜ」は原因を聞いている問題です。
文章には、説明を詳しくしていく働きと、時間軸に沿って原因と結果の関係(因果関係)を記述する働きがあります。国語のテストの問題は、その文章の構造に沿って問われているのです。
このことは、学校の国語の授業では扱わないことが多いので、テストの解き方に気づかない子は、ずっと点数が悪いということになります。点数が良い子でも、このロジカルな関係に気づいていないまま、フィーリングで解いていることもよくあります。
構造読解法は、文書の構造を教えて、それを分析させる方法です。文章の仕組みがわかるので、よく意味がわかるだけでなく、テストの得点アップにもつながります。