用賀校の授業風景① ~「学ぶ」気持ちを大切に~ – 直井メソッド国語専門塾 【ブログ】
国語の個別指導なら直井メソッド国語専門塾
平日 14:00〜20:00
土曜 10:00〜18:00

用賀校の授業風景① ~「学ぶ」気持ちを大切に~

こんにちは。用賀校の北村です。

今日は用賀校の授業風景の一コマ(エピソード)をご紹介しましょう。

 

ある日のこと。

「今日は塾に来る前にかわいいものを見てきたんだよ!」

と、嬉しそうに教えてくれたAさん。

 

そして、「おみやげ」と言って私にくれたものは・・・

おはし

お箸!!(かわいい♪)

 

Aさんが見てきたその「かわいいもの」とは・・・みなさま、もうおわかりでしょうか?

上野動物園のジャイアントパンダ「香香(シャンシャン)」です!!

 

「シャンシャンがとても愛らしかった!」というあふれる思いを、授業前にたくさん話してくれたAさん。

Aさんも私も「シャンシャン」のおかげで、楽しく和やかな気持ちで授業を始めると、

Aさんに、ぱっとひらめきが降りてきました!

 

「今日は、シャンシャンをテーマに、スターシート(作文)書きたい!」

(スターシートについては前回の記事をご覧ください)

 

もともと書くことが好きなAさんですが

自分で書きたいテーマを見つけたこの日は、いつも以上にぐんぐん鉛筆が進みます!

「楽しい!」「自分でやりたい!」という思いが、

子どもたちの能力も、ぐんぐん伸ばしていくのだなと感じたひとときでした。

 

ところで、「勉強」がきらいという人は、多いような気がしますが

それは「勉強」というものの本質が、「人から強いられてやること」だからではないかと思います。

やりたくないことをやらされているという感覚が、

本来、どの子どもも(そして、どの大人も)持っている「新しいことを知るのは楽しい!」という感覚を

捻じ曲げてしまうのではないでしょうか。

 

では、どうしたら「勉強」を好きになれるのでしょうか。

その鍵は、「主体性」。

子ども自らが「学びたい!」という気持ちを感じて、初めて「やる気」が生まれるのではないか、

そう私は思うのです。

 

ついつい、「あれもこれもやらせよう、やらせよう」としてしまいがちですが

「あれもやりたい!これもやりたい!」と子どもたちが思える、

「学べる場」をこの用賀に作っていこう!と改めて思ったのでした。

 

Aさん、大切な気づきをありがとう!!

(お箸はかわいいので大切に飾ります)