学ぶことは真似ること【古典文法~ズ判別法~】 | 直井メソッド国語専門塾 【ブログ】直井メソッド国語専門塾 【ブログ】
国語の個別指導なら直井メソッド国語専門塾
平日 14:00〜20:00
土曜 10:00〜18:00

学ぶことは真似ること【古典文法~ズ判別法~】

こんにちは。直井メソッド国語専門塾用賀校教室長の熊澤です。

 

みなさんはどのような方法でで古典文法を覚えていますか?

ひたすら唱えたり、書いて覚えたり、問題集をたくさんこなすという人もいるでしょう。

勉強の仕方は人それぞれあって然るべきだと思うので、自分に合った勉強方法を貫くのも大事ですね。

 

ただ、よく学ぶことは真似ることと言いますが、

結果を出している人の勉強方法を真似することが成績アップひいては合格への近道かもしれません。

今回は私が考えたのではなく、私が高校生の時に感銘を受けた覚え方をご紹介します。

それがこちら、「ズ判別法」です。

ズ判別法

これはとても合理的な覚え方だと思います。

いわゆる「ひいきにみいる」の「上一段」や「蹴る」だけの「下一段」、各種変格活用といった

数が限られているもの(丸暗記すべきもの)だけ覚えて、その他の言葉は残りの活用ということになります。

 

例えば、「書く」という動詞ですが、打消の助動詞「ず」を付けてみると「書かず」となりますね。

「ず(ズ)」を付けると「か」というふうに【a】の音になりますので、

表の右端のナ変かラ変か四段のどれかですね。

ナ変もラ変も「死ぬ・往ぬ」「あり・をり・はべり・いまそがり」と

数が限られているもの(丸暗記すべきもの)ですね。

ということは、それ以外の動詞ということで「書く」は四段動詞ということになります。

 

このように直井メソッド国語専門塾用賀校では、

「みなさんが楽しく解かり易く早く覚えられる方法は何か?」を念頭に授業をしています。

是非一緒に楽しみながら覚えて古文を得意教科にし、志望校合格を勝ち取りましょう!