最新情報/中学受験 国語教室 国語塾 センター国語 個別指導 直井メソッド国語アカデミー 世田谷区 自由が丘

HOME > ブログ一覧 >  ¦ 文章力を育てる

¦ 文章力を育てる

5人の生徒さんたちがコンクールに挑戦します♪

こんにちは。直井メソッド国語教室の直井明子です。今回、初めて童話のコンクールへの参加を生徒さんたちにお勧めしました。国語総合コースで作文を習っていて、受験学年ではなく、受験国語の偏差値はほぼ上限になっている生徒さんたちが対象です。文才も、とても豊かです。一人は直井メソッドを初めて完全にマスターできた生徒さんです。どんな物語が出来上がるのか、楽しみです。 ...続きを読む
2011年11月23日 | ¦ 文章力を育てる |

創作童話・絵本コンテスト

こんにちは。直井メソッド国語教室の直井明子です。小学校高学年の生徒さんが、ストラクチャー・リーディングを習うと、ベースの国語力が高い生徒さんは約半年、少し国語が苦手かなという生徒さんは約1年でトップ校合格レベルに達します。そこで、国語の勉強を終わってしまっては、読解しかやっていないことになり、もったいないので、そこから作文をやりたい、もっと上手になりたい、という生徒さんも出てくるようになりました。...続きを読む
2011年11月13日 | ¦ 文章力を育てる |

受験の生徒さんも作文を書くといいですよ

こんにちは。直井メソッド国語教室の直井明子です。 受験で作文が課される学校というのが、公立一貫校の他にも私立でもいくつかあり、その対策で作文を練習している生徒さんもいます。すると難しい読解をたくさんやっていて、国語力のベースが上がっているためか、作文の進歩がとても速いのです。対面ということもあるのでしょうが、2~3回でぐぐっと上達するので、これはやらない手はないのではないかと思いました。 偏差値が...続きを読む
2011年03月06日 | ¦ 文章力を育てる |

物語を書くのが好きな子の才能ののばし方

物語を書くのが好きなお子さんをどう伸ばしたらよいかという質問をいただきました。 小説というのは、立派な娯楽、芸術ジャンルであり、文化の中心とも言えるものなのですが、その才能の養成については、驚くほど教育方法が確立されていない分野です。 以下は、物語を書くのが好きなお子さんの文章力を伸ばす方法です。 まず、物語が好きなお子さんは、創作に偏る傾向があります。言うことを聞いてくれるうちに(笑)、普通の作...続きを読む
2011年02月08日 | ¦ 文章力を育てる |

「気持ちを表わす言葉」は使えるようにする

こんにちは。作文・読解プロコーチの直井明子です。 記述式の問題は、基本的には設問で指定された個所をきちんと読みあて、字数と解答形式に合わせてまとめることで正解できます。しかし、「気持ち」を説明するようにというケースだけは、自分の語彙を持っていないと正解できません。 物語文というのは、「気持ち」を追体験してもらうための装置と言ってもよく、基本的には気持ちそのものを表現する語彙は用いないのです。なので...続きを読む
2010年10月18日 | ¦ 文章力を育てる |

自然な文が書けないのですが…

こんにちは。作文・読解プロコーチの直井明子です。 作文通信教育では、スターシート(発想と構成を勉強するテンプレート)を使って文を書く練習をします。その時、「テンプレートに書いてある項目を、そのままこなれない文にしてしまうのですが、どうしたらいいのでしょうか。」という質問をいただきました。 これは、作文の勉強を始めて、間もないころによくあることです。たとえば、性格と書いてある項目のところのメモをその...続きを読む
2010年08月26日 | ¦ 文章力を育てる |

会話まわりの文を上達させるには

作文を始めたばかりのころは、 感じたことや主張したいことを書くだけで精いっぱいですが、 段々上達してくると、さらに表現を上達させたくなってきます。 そんなとき、説明的な文章であれば、 一つの文章で一つのことを書くようにして、 修飾関係のことばを増やしていけば 詳しい説明が書けるようになっていきます。 しかし、場面の描写があるような作文で書く 会話まわりの文章を整えることは なかなか難しい作業です。...続きを読む
2010年07月16日 | ¦ 文章力を育てる |

使える語彙を増やすには?

第一志望校に、詩関連の記述があるAさん 語彙を増やすために、気持ちを表す語彙のリストで カードを作ってもらうことにしました。 本文をまとめる場合は、中心になる言葉は本文中にあるので、 自由な記述よりもむしろ 「本文をなるべくそのままの形で使う」 ということが、得点するための基本です。 しかし、詩のような情緒的に複雑なものに対して、 自由記述をする場合は、 内容の置き換えと自分の考えの記述に際して...続きを読む
2010年06月19日 | ¦ 文章力を育てる |

「思ったこと」とその「理由」でまとめる意味

作文で使っている教材 スターシート (下書き用の構成図)は、 8割ぐらいのものが 文末のまとめで 「思ったこと」とその「理由」 を書くようになっています。 読解の生徒さんは これを読んで、 あれ  と気づいてくれるでしょうか。 そうです。 物語文の読解で、 「気持ちの動き」とその「理由」 をマーキングするのといっしょですね。 「思ったこと」というのは、 自分の内面の言語化です。 「理由」というのは...続きを読む
2010年06月18日 | ¦ 文章力を育てる |

暗唱と音読の課題は大切です

作文の生徒さんに 暗唱と音読の課題図書の選本のお知らせをお送りしました。 暗唱課題には、サンプルがありますので、 楽しく無理なく取り組めるものを選んで 本を購入なさってください。 暗唱については、 「科学なぜどうして」と「音読名作選」のような 説明的文章と文学的文章の両方に取り組みます。 例えば、入門コース・基本コースのように 生活についての作文を書く場合でsも 説明文と小説文の二つの要素がありま...続きを読む
2010年04月23日 | ¦ 文章力を育てる |

作文を手伝っても良い場合

低学年~中学年の作文は、 説明的な文章がうまく書けなくて、 つい親御さんが手伝いたくなってしまうことがあります。 論理的な思考力が伸びてくるのが、 5年生ぐらいからなので、 この間の伸び悩みは仕方のない面もあります。 ただ、この原因にも二つあって、 日常体験的に説明的な会話などをする機会が少なくて伸びていない場合と、 男の子によくみられるのですが、 もともと数学的な素質の方が高いために、言語的な伸...続きを読む
2010年01月07日 | ¦ 文章力を育てる |

「楽しい」を題名に使わない

こんにちは。 国語力アップの直井です。 作文を書いているときに、まとめの文章で「楽しかった」を使わないことで、 文章力を上達させる方法について書きました。 参考記事 「楽しかった」で終わらせない これと同じことで、 題名は、文章に何が書いてあるかということの集約=まとめ なので、ともすると「楽しい」が使われます。 題名は体言、名詞で終わらせるのが基本で、 字数も限られてきます。 ○○な△△ とい...続きを読む
2009年12月09日 | ¦ 文章力を育てる |

「楽しかった」で終わらせない

こんにちは。 国語力アップの直井です。 小学生の作文に多いのが、 ~が、楽しかったです。 というまとめ方。 たいていの作文は、楽しいことを書いているので、 この表現は決して間違いではありません。 Aなことがあって、Bがおきて、Cになって… まとめると「楽しかった」 気持ちを表すとぼしい語彙の中、 のっぺりした単純な表現に収束させてしまいます。 まとめ方がわからない。 でも、書いている子にとっては、...続きを読む
2009年12月04日 | ¦ 文章力を育てる |

作文のゴールは?

こんにちは。 【脳力さくぶん教室】の直井です。 教室で、作文指導をしている文章には、3つのジャンルがあります。 1.身の回りのできごとついて書く作文 (いわゆる「作文」と言われるもの) 2.意見文 論理的に意見を述べる文章、小論文 3.物語文 ショートショートぐらいの長さまでの小説風の文 作文のお手本やゴールを、賞の入選や、子ども新聞の投稿にすると、 求められたパターンを狙うものになりがちです。 ...続きを読む
2009年11月27日 | ¦ 文章力を育てる |

「です」「ます」を、なぜ使う?

こんにちは。 【脳力さくぶん教室】の直井です。 子どもたちが作文を書くときは、 基本的に語尾に「です」「ます」をつけて書きます。 丁寧語の助動詞ですね。 あまりにも習慣として定着しているので、 作文を書くときは、これが普通だと思われがちです。 このブログでも、基本的にはそうした文体にしていますが、 それは、読んでもらう人が誰かを考えて、 それが相応しいために、そうした文体にしています。 子どもたち...続きを読む
2009年11月10日 | ¦ 文章力を育てる |

最新投稿

カテゴリ

  • ¦ 母+国語作文 (30)
  • ☆ お知らせ  (95)
  • ¦ 「書く」ということ (39)
  • ¦ 地頭力を育てる (46)
  • ¦ 親子関係を考える (25)
  • ¦ 教育よもやま話 (33)
  • ¦ 絵本 (8)
  • ¦ 指導方針 (28)
  • ¦ 一般書 (13)
  • ¦ 頭を育てるお稽古 (23)
  • ☆ 知的財産権  (3)
  • ¦ 勉強方法 (12)
  • ¦ 上級コース (4)
  • ¦ 小学生(学参) (12)
  • ¦ 小学生(物語) (5)
  • ¦ 小学生(教養) (6)
  • ¦ 受験を考える (106)
  • ¦ 中高生(教養) (8)
  • ☆ 出版  (39)
  • ¦ 小学生の読み聞かせ (11)
  • ¦ 基本コース (8)
  • ¦ 漢字・語彙の学習法 (31)
  • ☆ マスコミ取材  (5)
  • ◆ 作文作品紹介  (1)
  • ¦ 国語のテスト攻略法 (80)
  • ¦ 文章力を育てる (19)
  • ¦ 読む力をつける (27)
  • ¦ 中高生(学参) (5)
  • ¦ 現代文の暗唱 (4)
  • ¦ 帰国子女のための国語 (6)
  • ¦ ストラクチャー・リーディング (7)
  • ¦ 教育活動 (7)
  • ¦ 受講生・保護者の声 (2)
  • ¦ コミュニケーション (7)
  • ¦ 算数の勉強方法 (3)
  • ¦ 指導実績 (6)
  • ◆ 読解指導者養成講座  (1)
  • ◆直井メソッド国語アカデミー (4)
  • 未分類 (230)
  • ★中学・高校受験の問題 (2)
  • ★中学・高校受験の国語 (3)
  • ★国語と言葉の発達 (10)
  • ★国語塾の勉強方法 (6)
  • ★国語専門塾の作文指導 (6)
  • ★国語専門塾の漢字指導 (9)
  • ★国語専門塾の読解指導 (14)
  • ★日本語の仕組み (8)
  • 受講者からの口コミ・評判 (9)
  • 自由が丘教室便り (1)
  • 月別 アーカイブ

    著書のご紹介

     

    マスコミ掲載履歴

    2012.05.19

    「本物の作文力が身につく作文教室」(学研ムック)に、母+国語の記事が掲載されました。

     

     

    2012.03.20

    朝日小学生新聞「朝日おかあさん新聞」特別企画「子どもと作文」で作文の取り組み方についての記事が、掲載されました。

     

     

    2010.06.17

    「頭のいい子の育て方vol.12」(学研ムック)で、読解の勉強の仕方の記事が、4ページの誌面で紹介されました。

     

     

    2008.05.15

    TBS放送「ピンポン!」で紹介されました。

     

     

    2008.05.15

    産経新聞の記事「頭の中の頭の中整理整頓」に掲載されました。

    TOPに戻る