国語の学習でこんなことに困っていませんか?

国語の学習で
こんなことに困っていませんか?

  • 勉強しても、国語の偏差値があがらない。
  • 塾の宿題を解くのに時間がかかる。復習もうまくできない。
  • 算数はできるのに、国語の点数は安定しない。
  • テキストに書いてある文章の意味がわからない。
  • 点数が上がりやすい算数や理社ばかり勉強して、国語は勉強していない。
  • 進学塾の志望校クラスに入りたいが、すでに上位と差がつきすぎている。
  • 志望校の過去問題が難しく、今の実力で解けるようになるか不安。
  • 漢字の練習をしても、書取りでは点が取れない。

国語には「合理的な」勉強方法があります

国語には
合理的な」勉強方法があります

もし、こんな状況なら、勉強方法を変えた方が得策です。国語の点数が伸びないからと言って、ケアレスミスの注意ばかりしたり、疲れきるまで勉強させたりしても、ますますうまく行かなくなるだけです。本当は勉強しているお子様自身が、一番国語をわかるようになりたいのです。「国語の勉強をどうしたらいいのかわからない」という状態が続くと、せっかく頑張っても思うような成果につながりません。

本来、中学受験の国語は、たとえ上位校であっても誰でも合格ラインに手が届く試験です。 なぜなら、天性に与えられている言語の学習力は誰でも平等で、小学生のうちは最も学習能力が高いからです。問題文が難しいので、一見解くのが大変そうに見えますが、構造読解法®と解法テクニックを知っていれば、国語は安定した得点源になります。

合格麻布・栄光学園・浅野学園

保護者様より

国語だけ常に成績が悪く、見かねた息子の友人のお母様から直井メソッドを進められ、入塾しました。
2回授業を受けた後から、過去問の点数が一気に10~20点上がり、本人もびっくりしていました。それからは常に良い点を取れるようになり、通っている塾の先生やお友達からも驚かれていたようです。本番のときも、国語に苦手意識がなくなったので、全く緊張しなかったようです。
○○先生に指導していただけなかったら、絶対にこんなに合格しなかったと思います。本当に感謝しております。

合格開成・聖光学院・西大和学園

保護者様より

国語に苦手意識があり、国語の成績が足を引っ張っていたため、入塾しました。
志望校の問題の傾向・解法や、志望校の問題の向き・不向きまで教えていただきました。第一志望校の国語の問題の相性は良かったようで、自身を持って解け、過去問は高得点を取れるようにまでなりました。解法だけでなく、志望校の傾向まできめ細かく指導していただいたため、受験の国語を解くのが楽しみとまで言えるようになり、こちらでご指導いただいたことが、第一志望校合格につながったと確信しております。

合格麻布・広尾・小石川・渋谷教育学園

ご本人より

国語は、全教科の中で一番苦手で、足を引っぱるような気がしたため、入塾しました。これまでは何となく記号を選んだり、文章の言葉をつなげて記述を書いたりしていました。授業を受けることで、絶対にこの記号だという根拠を考えられるようになったり、記述の型を覚えられたりできるようになりました。さらに作文をどのような書き方で書くのかを意識して書けるようになりました。

直井メソッドが受験に強い理由

なぜ進学塾の宿題や市販の問題集などを一生懸命にやっていても、偏差値があがらなかったり、肝心の志望校対策がうまく行かなかったりするのでしょうか。一般的に行われている国語の指導方法や受験対策と、直井メソッドの指導方法を比べてみてください。

一般的な指導直井メソッドの指導
テキストは、国語力とは関係なく学年別のカリキュラムで決まったものを使う。テキストは、国語力にあったものを使い、国語力の向上に伴ってレベルを上げる。
テキストがテスト形式になっている。「読解法」を教えるために作られていない。「文章の仕組みがわかる本」と図解オリジナル教材により、構造読解法をマスターする。
授業は問題文の説明が中心。読解法をやるかどうかは、各講師の力量に任されている。構造読解法により、問題文と設問との関係を理解しながら読む練習をする。
問題文の種類による読み分けを指導しないので、物語の長文だと時間がかかり、論説文だと内容把握が出来ないなどの問題が生じやすい。問題文別の読み方のコツを教えるので、詩やエッセイなど、読解が難しい文が出る学校でも、解けるようになる。
詩は入試に出ても、解答の解説しか行わず、読解法にはまったく触れない。詩は、本質的な意味理解を重視し、高度な比喩も図解で解説する。
漢字はテキストを使って書取り中心で行うが、定着しにくく、苦手な場合は点数が伸びない。漢字は漢字キューブを使って、熟語の構成と意味記憶法を指導するので、語彙として定着するようになる。

集団塾のテキストもフォロー

当塾は、基本的には国語単科指導のため、集団指導の進学塾を併用される生徒さんが多くいらっしゃいます。オリジナル教材を使用するだけでなく、塾で使っているテキストや模試をフォローすることも出来ます。これらのテキストを構造読解法で理解しなおすことで、より理解が深まり、実戦力が高まります。特にSAPIXのテキストは、長文で記述式の問題が多く、上位のクラスのお子さんでも苦戦することが多いですが、当塾では読解法をきちんと指導することが出来ますので、勉強のストレスが軽減します。

当塾と併用されることが多い塾には、SAPIX・早稲田アカデミー・日能研・四谷大塚・栄光ゼミナール・グノーブルなどがあげられます。上記以外の塾でも、中学受験向けのテキストはすべて対応出来ます。

合格実績

トップ校を目指す方、中堅校を目指す方など様々ですが、どの学校でも指導可能です。多くの生徒さんが、偏差値5~20アップしたり、過去問題が数十点アップしたりと、国語が伸びて合格を勝ち取っています。小学生は直前で伸びるケースも多く、効果的な志望校対策によって、「チャレンジ校判定」から逆転合格するケースも見られます。下記の合格校の他にも、ご要望に応じてオーダーメイドの対策を行います。

筑波大附属駒場開成
聖光学院渋谷教育学園幕張
女子学院麻布学園
豊島岡女子学園筑波大附属
雙葉学園栄光学園
洗足学園フェリス女学院
海城駒場東邦
市川浅野学園
早稲田渋谷教育学園渋谷
武蔵慶應義塾中等部

お問い合わせ

「オンライン校」と「自由が丘校・用賀校」は、
お申込フォームが異なりますのでご注意ください。

オンライン校

電話番号

平日:12〜19時
土曜:10〜18時

自由が丘校・用賀校

電話番号

平日:14〜19時
土曜:10〜18時

直井メソッドのマンツーマン授業は、生徒さんの現在の国語力に合わせたオーダーメイド。講師との会話によって思考力が引き出され、「わかった!」「できる!」という自信を持っていただけます。授業の後、生徒さんからは「これが国語の勉強なの?楽しかった!」という感想をよく頂いております。

国語はすべての教科の基礎なので、早く始めれば、学校のテストは高得点が当たり前になり、受験でも苦労しません。遅くなるほど、学校や受験勉強のカリキュラムが先に進んでしまい、「追い付くため」の学習スタイルになってしまいます。早めのスタートをお勧めします。

※マンツーマン授業のため、コマ数に限りがあります。空きが無い場合は、お待ちいただくことになりますが、ご容赦ください。

※体験授業は、原則1回までとさせていただいておりますので、予めご了承ください。

体験授業・個別相談の申込はこちら
体験授業・個別相談の申込はこちら