最新情報/中学受験 国語教室 国語塾 センター国語 個別指導 直井メソッド国語アカデミー 世田谷区 自由が丘

HOME > ブログ一覧 >  ¦ 「書く」ということ

¦ 「書く」ということ

作文の基本は対話

こんにちは。直井メソッド国語教室の直井明子です。「本当の国語力」では、言語化についていろいろ触れています。中学受験の入試問題に作文が出るから、作文を書くというのは「仕方がないから」という気分で書くのかもしれませんが、でも、作文というのは、本当はそんなに嫌でつまらないものではないと、ちょっとだけ、お伝えしておきます。文章がうまく書けないというのは、そもそも「書き言葉」に近い複雑な語彙をうまく使いこな...続きを読む
2011年12月11日 | ¦ 「書く」ということ |

マイナスの気持ちを表現するには

作文を書いていると、 「苦しい」「嫌だ」「悲しい」などという マイナスの感情を表現しなくてはいけない場面が でてきます。    しかし、まとめの部分で、 こうした感情をストレートに表現すると 後味が悪い文になってしまいます。 物語などの場合は、悲劇的な終わり方というのは、 カタルシス(心の浄化)を伴いやすいので、 比較的うまく表現できるのですが、 日常生活の場合だと、愚痴のようになってしまうので、...続きを読む
2010年07月04日 | ¦ 「書く」ということ |

小説を書くための練習方法

小説家を目指していて、普段から文章を書くことが趣味 というような生徒さんが わざわざ作文を習う意味というのは、 何でしょうか。 ひとつは、 文章というのは、読んでもらうことで上達する というニーズに合わせた練習の場 の提供です。 大人の方で文章がかなり書ける という方が、 わざわざ○○カルチャーの文章講座に通っている という話を聞きました。 アマチュアで文章の練習をやりたい場合、 レベルの高い人同...続きを読む
2010年06月11日 | ¦ 「書く」ということ |

お子さんが書く文字、元気ですか?

昨日、 手書き力で開運招福の林香都恵さん のコンサルを受けてきました。 国語では、文字というと 楷書で書き順が正しければOK と思われがちです。 けれども、作文を書くには、思考力だけでなく、 精神的なエネルギーが必要です。 文字の筆圧には、そのエネルギーが現れます。 手の動きにも、その子の普段の行動が反映されています。 強い意見を書くためには、強い精神力が必要です。 文字と内容は、関係していな...続きを読む
2010年06月02日 | ¦ 「書く」ということ |

自分の気持ちに向きあう作文

先日の物語文の指導で、学校でのいじめについて、 物語を考えてくれた生徒さんがいました。 「いじめ」があると、はたで見ながら、 嫌だと思っても止めに入る勇気がなかったり、 自分もいじめっ子から、目をつけられたくないので、 なんとなく卑屈な気分になったり、 あまりいい気がしないものです。 そんなちょっと複雑な心境も 物語にして、半分空想のストーリーに仕立てると、 自分の気持ちが整理できてしまいます。 ...続きを読む
2010年03月19日 | ¦ 「書く」ということ |

「文章の型から学ぶこと」より

私の作文教室では、スターシートという「型」で文章を教えています。 その意義について、わかりやすく説明してあるサイトがあったので、ご紹介します。 「文章の型から学ぶこと」より 最近、非常に目から鱗だったのは、劇作家の平田オリザさんがある対談で語っていた「インプットは人それぞれだが、アウトプットは決まっている。そのことを抜きにしてコミュニケーションというものは語れない」という発言です。それは、制約され...続きを読む
2010年03月05日 | ¦ 「書く」ということ |

「作文」へのマイナスイメージ

普段から、作文を書いてもらうことを仕事にしていると、 ついつい世間一般の「作文」へのマイナスイメージを忘れてしまいます。 日本では、「作文」という言葉があるぐらい、 「書く」ことへの教育意識が高いのですが、 その方法論が確立されていないため、 小学校の段階で、多くの方が「書く」ことへの苦手意識を持っています。 また、漢字の熟語が多い日本語自体の複雑さから、 本当はかなりの内容が書けていても、 一般...続きを読む
2010年03月03日 | ¦ 「書く」ということ |

男の子と作文

編集者とか、ライティング関係の仕事の方、国語の先生など、 作文を書くことで困った経験がない という大人の方(特に女性)は、 スターシートの必要性がピンとこないようです。 けれども、男性に見ていてだくと、 東大出身の方ですら、 「こうした教え方をしてくれれば、 国語の苦手意識を持たなくて良かったのに!」 「この教え方は良い!」 という反応をもらったことがあります。 作文を教えていても、 どちらかとい...続きを読む
2010年02月11日 | ¦ 「書く」ということ |

イメージがエンジンになる?!

「あら、スターシート(作文を書くためのテンプレート)は、 きちんと書けているのに、作文の提出がない。どうしたのかしら。」 普段は長文のひねりが効いた文章を書くお子さんなのですが、 不思議に思ってたずねると、 「イメージが膨らまない。」 からなのだそうです。 確かに、面白い場面を想定したり、物語になると、 独創的な内容で書くことができるのですが、 今回の課題は、「わたしが得意なこと」 英語の勉強のお...続きを読む
2010年02月08日 | ¦ 「書く」ということ |

堰を切ったように書く瞬間

国語力アップのために、 ノウハウ的な記事を書くことが増えていますが… 原点に戻りますと、作文は自己表現です。 最近、作文の電話指導の体験を受けてくださったお子さんが、 電話の受け答えがとてもおとなしいので、 実はこういう指導は嫌なのかな と、思わなくもありませんでした。 でも、入会しますという連絡を受け、 その時の作文を読んで、ちょっと驚きました。 体験指導では、書下ろしと、コメントをもらって書き...続きを読む
2010年01月26日 | ¦ 「書く」ということ |

国語力ピラミッドのある人生

大人の人でも、 「思いをうまく言語化できない」という悩みを持っている人がいます。 そんな人には、とにかく文章を書くことを習慣付けることを、アドバイスしています。 「書くこと」は、ピラミッドの下の方から、水をポンプでくみ出すような作業で、 それなりの力仕事です。 ポンプでくみ出す作業ができれば、その中間の「言語化」ということは、 比較的軽い作業なので、徐々に慣れていくことができます。 どんな学...続きを読む
2010年01月13日 | ¦ 「書く」ということ |

人それぞれの国語力ピラミッド

人は一日に何回考えていると思いますか。 一説によると2~3万回。多い説で5万回というのがありました。 3万回ということにして、 寝ているも含めて24時間で計算すると、一日は約9万秒。 約3秒に1回は、考えているということになります。 その中のごく一部の思考が言語化されて、 「自分の心の中で思っていること」 「言葉に出して話すこと」 「書くこと」 などになります。 考える対象は人によって様々。 そし...続きを読む
2010年01月12日 | ¦ 「書く」ということ |

自分の意見を言えるようにする

こんにちは。 国語力アップの直井です。 国語力ピラミッドは、階層構造になっていますが、 頂点の作文は、実は底辺の生活体験に繋がっていきます。 一番下からあがっていって、図にするとこんな感じです。 人は言葉を持たない限り、あいまいな世界にすんでいます。 「枯れ木」という言葉を覚えなければ、「枯れ木」は「枯れ木」として、認識することができません。 言葉を当てはめることによって、初めてぼん...続きを読む
2009年12月29日 | ¦ 「書く」ということ |

芸術的な作文?!

芸術は魂の表現 というような言葉を聞いたことはありませんか? 文芸的な評価が高い小説は、もちろん、「芸術的表現をしている」といえます。 けれども、多かれ少なかれ、文章を書くということは、 自己表現であって、芸術的な性格をもっているものです。 例えば、お習字を書いていて、よく小学生が書いているのは、 まあ、そこそこ、元気が良かったり、少し崩れていたりというような 習作レベルの作品です。 けれども、私...続きを読む
2009年12月18日 | ¦ 「書く」ということ |

作文は、一石三鳥のお稽古

こんにちは。 【脳力さくぶん教室】の直井です。 お稽古ごとには、習字やサッカー、ピアノや水泳などのお稽古がありますが、 字を書くというお稽古はあっても、文を書くというお稽古があまり一般的でないのは、 不思議なものです。 習字などでは、いろいろな書き方や流派のようなものがあって、 一つの文化として認められています。 サッカーや水泳やピアノに関しても、高度な文化があって、 そこにプロがいて、教える人...続きを読む
2009年11月21日 | ¦ 「書く」ということ |

最新投稿

カテゴリ

  • ¦ 母+国語作文 (30)
  • ☆ お知らせ  (95)
  • ¦ 「書く」ということ (39)
  • ¦ 地頭力を育てる (46)
  • ¦ 親子関係を考える (25)
  • ¦ 教育よもやま話 (33)
  • ¦ 絵本 (8)
  • ¦ 指導方針 (28)
  • ¦ 一般書 (13)
  • ¦ 頭を育てるお稽古 (23)
  • ☆ 知的財産権  (3)
  • ¦ 勉強方法 (12)
  • ¦ 上級コース (4)
  • ¦ 小学生(学参) (12)
  • ¦ 小学生(物語) (5)
  • ¦ 小学生(教養) (6)
  • ¦ 受験を考える (106)
  • ¦ 中高生(教養) (8)
  • ☆ 出版  (39)
  • ¦ 小学生の読み聞かせ (11)
  • ¦ 基本コース (8)
  • ¦ 漢字・語彙の学習法 (31)
  • ☆ マスコミ取材  (5)
  • ◆ 作文作品紹介  (1)
  • ¦ 国語のテスト攻略法 (80)
  • ¦ 文章力を育てる (19)
  • ¦ 読む力をつける (27)
  • ¦ 中高生(学参) (5)
  • ¦ 現代文の暗唱 (4)
  • ¦ 帰国子女のための国語 (6)
  • ¦ ストラクチャー・リーディング (7)
  • ¦ 教育活動 (7)
  • ¦ 受講生・保護者の声 (2)
  • ¦ コミュニケーション (7)
  • ¦ 算数の勉強方法 (3)
  • ¦ 指導実績 (6)
  • ◆ 読解指導者養成講座  (1)
  • ◆直井メソッド国語アカデミー (4)
  • 未分類 (230)
  • ★中学・高校受験の問題 (2)
  • ★中学・高校受験の国語 (3)
  • ★国語と言葉の発達 (10)
  • ★国語塾の勉強方法 (6)
  • ★国語専門塾の作文指導 (6)
  • ★国語専門塾の漢字指導 (9)
  • ★国語専門塾の読解指導 (14)
  • ★日本語の仕組み (8)
  • 受講者からの口コミ・評判 (9)
  • 自由が丘教室便り (1)
  • 月別 アーカイブ

    著書のご紹介

     

    マスコミ掲載履歴

    2012.05.19

    「本物の作文力が身につく作文教室」(学研ムック)に、母+国語の記事が掲載されました。

     

     

    2012.03.20

    朝日小学生新聞「朝日おかあさん新聞」特別企画「子どもと作文」で作文の取り組み方についての記事が、掲載されました。

     

     

    2010.06.17

    「頭のいい子の育て方vol.12」(学研ムック)で、読解の勉強の仕方の記事が、4ページの誌面で紹介されました。

     

     

    2008.05.15

    TBS放送「ピンポン!」で紹介されました。

     

     

    2008.05.15

    産経新聞の記事「頭の中の頭の中整理整頓」に掲載されました。

    TOPに戻る