最新情報/中学受験 国語教室 国語塾 センター国語 個別指導 直井メソッド国語アカデミー 世田谷区 自由が丘

HOME > ブログ一覧 >  ¦ 親子関係を考える

¦ 親子関係を考える

過干渉100%はありません

こんにちは。直井メソッド国語教室の直井明子です。 過干渉のことについて書いた記事は、反響が大きかったです。小さい教室なので、生徒さんと保護者さんの数からいったらわずかですが、実際に行動を変えようというほど、影響を感じた方がいらしたということです。コーチングは日本ではあまり知られていませんが、お子さんとの関係を考える上で、大きなヒントになったということもあるようです。 合格力コーチング/江藤 真規 ...続きを読む
2011年09月24日 | ¦ 親子関係を考える |

お母さんになりきれない人

こんにちは。直井です。 ある教育関係の企画の話を聞いていて、勉強を教える学童保育の話題になりました。実は、私はこうした学童保育で仕事をしていた時期もあったので、こうした学童保育が抱える問題点を知っていました。学童に来る生徒さんというのは、勉強よりも愛情を必要としているというのが、本当のところです。 出産・育児をしていても、お勤めをやめないでフルタイムで働いているお母さんの場合、自分を犠牲にして子供...続きを読む
2011年09月21日 | ¦ 親子関係を考える |

過干渉がなぜ悪いのか

こんにちは。直井メソッド国語教室の直井明子です。 前回、過干渉をしていると、親子関係が悪くなったり、成績がのびなかったりすると書きましたが、過干渉の害はそれだけではありません。 あるお母さんが、「あなたは泥棒になる。」と子供を怒るついでに言い続けていたら、そこ子は、大人になって本当に泥棒になってしまったという逸話があります。これは極端な刷り込みの例ですが、過干渉をするということは、これと同じように...続きを読む
2011年09月13日 | ¦ 親子関係を考える |

国語は自立心で伸びる

こんにちは。直井メソッド国語教室の直井明子です。 同じような国語力でスタートして、同じ回数だけ通塾して、それで一方は国語の成績が顕著にあがって、一方はあがらない、ということがあります。 作文でも読解でも同じなのですが、そうしたケースに共通するのが、お母さんが過干渉だということです。授業が始まってしばらくの間は、見学しているお母さんも多いのですが、たいていの場合は3ヵ月も経つと子供だけで通塾するよう...続きを読む
2011年09月08日 | ¦ 親子関係を考える |

志望校は、お父さんが決める?!

わたしが二人の子どもの中学受験を通して、 一番、誤算だったのは、下の子(女の子)の志望校決めです。 上の子が男の子で、下の子が女の子なので、 男子校と女子校も含め、見学した学校数は 40校 でした。 まあ、受験マニアのようなところがあって、 それで、この仕事もやっているわけなのですが、 半端ではない数を見学しました。 それでも、結果として、娘が進学した学校は、 一度も見学したことのない学校でした。...続きを読む
2010年06月04日 | ¦ 親子関係を考える |

お父さんを超えるには?!

今、国語教室の他に、教材を作った関係で、 夢を明確にしてビジネスにするWEBセミナーのアシスタントをしています。 その中に、18~22才の価値観を明確にする作業があるのですが、 「お父さんに勝てそうもない」という思いで ある仕事を諦めたという話がありました。 これは、回答というより、考え方のアドバイスです。 男性は、自分をお父さんと比べるので、きつい面がありますね。 わたし自身は、今の仕事をやって...続きを読む
2010年04月02日 | ¦ 親子関係を考える |

男の子の心の中は?

2年前に作文教室を始めたとき、最初に申込んでいただいたのは、 6年生の男の子のお母さんでした。 都内の公立中高一貫校を目指していたのですが、 その受験のための作文は別の塾で指導してもらって、 私の方の電話個別指導では、 主体的に書く作文を指導してもらえれば良いということでした。 その時、お子さんの書いた作文を読まれて、 「こんなにいろいろなことを考えていたけれど、言い表せなかっただけだったんだ。」...続きを読む
2010年03月04日 | ¦ 親子関係を考える |

お正月に楽しむゲームは?

こんにちは。 国語力アップの直井です。 お正月に気楽に楽しめて、頭も使いそうなゲームというと、 「アルゴ」でしょうか。アルゴ算数パズル 初級編―頭のよくなるパズル/算数オリンピック委員会 ¥630Amazon.co.jpアルゴの公式サイトによると 「遊べば遊ぶほど集中力・記憶力・分析力が身につき、 論理的思考能力が向上します。 子どもから大人まで脳のトレーニングに役立つ、まさに『頭のよくなるゲー...続きを読む
2009年12月31日 | ¦ 親子関係を考える |

お手伝いをさせていますか?

こんにちは。 国語力アップの直井です。 国語力をつけるというと、まず読書と考えてしまいがちですが、 国語力の源泉は、実は生活体験にあります。 自然の中で、友達とのびのび遊ぶという体験ができれば、 勉強はしていなくても、遊ぶことに創意工夫するので、 頭も感情もフル回転しています。 けれども、都会の中には自由に遊べるスペースも乏しく、 下手をすると対人的な危険すらあります。 そんな中で、お金も使わ...続きを読む
2009年12月30日 | ¦ 親子関係を考える |

教育ママですが、それが何か?

こんにちは。 国語力アップの直井です。 教育熱心なお母さんが、揶揄(やゆ)されるのは、 日本だけの現象だということを、知っていますか? 日本で「教育ママ」という言葉が批判的に使われたのは、 大昔の(笑)高度経済成長のころに、学歴至上主義が加熱したことを、 マスコミが批判したことが始まりなのだそうです。 しかし、本来家庭が教育に力を入れることは、個人の幸福という意味だけでなく、 社会全体の生産性を上...続きを読む
2009年12月23日 | ¦ 親子関係を考える |

ゼロにしない教育

こんにちは。 国語力アップの直井です。 作文の勉強を、ただ「結果として、上手に作文が書ければ良い」という風に考えて取り組んでいたら、 それは、とてももったいないことです。 学校の授業では、作文が取り上げられるかどうか、またそれがきちんと指導されるかどうか、 ということは、先生の裁量にまかされていて、運試しのようなところがあります。 けれども、私の作文教室のような教育サービスを利用して、家庭教育と...続きを読む
2009年12月12日 | ¦ 親子関係を考える |

「ほめるとしかる」の天国と地獄

作文通信教育を、受講している生徒さんのお母様から、 お子さんの作文をほめたら、 とても嬉しそうでした。 というご報告をいただきました。 知らせていただいた私としても、 とても幸せな気持ちになります。 テストの点数であれば、 50点だの、100点だのという相対評価が、 自動的についてきます。 作文の場合は、 大人の文章とくらべれば、間違いなく劣っているので、 マイナス評価をしようと思えば、 いく...続きを読む
2009年10月27日 | ¦ 親子関係を考える |

「ほめて」いますか?

私が主宰している脳力さくぶん教室では、 小学生~中学生のお子さんを、 電話による通信教育で指導しています。 作文の指導には、デリケートなところがあって、 テストでまちがえたことなら、 ×がついたとしても、次に頑張ればいいや、 ということになるのですが、 作文で書いている内容を否定的にとらえられると、 それは、自己主張というコミュニケーションでもあるので、 お子さんの立場がなくなってしまいます...続きを読む
2009年09月25日 | ¦ 親子関係を考える |

作文適齢期?

反抗期 は、お子さんが心を開くのが難しくなる時期です。 女の子でませたお子さんだと小学校4年生くらいに、 その兆候がでてきます。 6年生でその時期に入ると、 中学受験の勉強が難しくなったりもします。 男の子はわりと、おくてなので、 中学生になってからということもよくあります。 自立心が芽生えてきて、 自分を確立するために、 心がゆれているじきなので、 作文を書いて、自分の意見を大人がどうこうコ...続きを読む
2009年07月26日 | ¦ 親子関係を考える |

育児が大変になるもとのもと

小さい子どもたちを育てる環境… 日本の都会では、物とお金にはめぐまれていますが、 メンタルな部分では、ワーストと言っていいくらい 大変な状況ではないでしょうか。 一つ目の大きな原因が、 戦後、日本の文化が 占領軍と敗戦による国民の自信喪失で 大きく否定されたことです。 育児のような文化は、 メンタリティーの根幹であり、 そう簡単に変えていいものではないはずですが、 伝統の育児というものが、 軽...続きを読む
2009年07月19日 | ¦ 親子関係を考える |

最新投稿

カテゴリ

  • ¦ 母+国語作文 (30)
  • ☆ お知らせ  (95)
  • ¦ 「書く」ということ (39)
  • ¦ 地頭力を育てる (46)
  • ¦ 親子関係を考える (25)
  • ¦ 教育よもやま話 (33)
  • ¦ 絵本 (8)
  • ¦ 指導方針 (28)
  • ¦ 一般書 (13)
  • ¦ 頭を育てるお稽古 (23)
  • ☆ 知的財産権  (3)
  • ¦ 勉強方法 (12)
  • ¦ 上級コース (4)
  • ¦ 小学生(学参) (12)
  • ¦ 小学生(物語) (5)
  • ¦ 小学生(教養) (6)
  • ¦ 受験を考える (106)
  • ¦ 中高生(教養) (8)
  • ☆ 出版  (39)
  • ¦ 小学生の読み聞かせ (11)
  • ¦ 基本コース (8)
  • ¦ 漢字・語彙の学習法 (31)
  • ☆ マスコミ取材  (5)
  • ◆ 作文作品紹介  (1)
  • ¦ 国語のテスト攻略法 (80)
  • ¦ 文章力を育てる (19)
  • ¦ 読む力をつける (27)
  • ¦ 中高生(学参) (5)
  • ¦ 現代文の暗唱 (4)
  • ¦ 帰国子女のための国語 (6)
  • ¦ ストラクチャー・リーディング (7)
  • ¦ 教育活動 (7)
  • ¦ 受講生・保護者の声 (2)
  • ¦ コミュニケーション (7)
  • ¦ 算数の勉強方法 (3)
  • ¦ 指導実績 (6)
  • ◆ 読解指導者養成講座  (1)
  • ◆直井メソッド国語アカデミー (4)
  • 未分類 (230)
  • ★中学・高校受験の問題 (2)
  • ★中学・高校受験の国語 (3)
  • ★国語と言葉の発達 (10)
  • ★国語塾の勉強方法 (6)
  • ★国語専門塾の作文指導 (6)
  • ★国語専門塾の漢字指導 (9)
  • ★国語専門塾の読解指導 (14)
  • ★日本語の仕組み (8)
  • 受講者からの口コミ・評判 (9)
  • 自由が丘教室便り (1)
  • 月別 アーカイブ

    著書のご紹介

     

    マスコミ掲載履歴

    2012.05.19

    「本物の作文力が身につく作文教室」(学研ムック)に、母+国語の記事が掲載されました。

     

     

    2012.03.20

    朝日小学生新聞「朝日おかあさん新聞」特別企画「子どもと作文」で作文の取り組み方についての記事が、掲載されました。

     

     

    2010.06.17

    「頭のいい子の育て方vol.12」(学研ムック)で、読解の勉強の仕方の記事が、4ページの誌面で紹介されました。

     

     

    2008.05.15

    TBS放送「ピンポン!」で紹介されました。

     

     

    2008.05.15

    産経新聞の記事「頭の中の頭の中整理整頓」に掲載されました。

    TOPに戻る