最新情報/中学受験 国語教室 国語塾 センター国語 個別指導 直井メソッド国語アカデミー 世田谷区 自由が丘

HOME > ブログ一覧 >  2010年02月

2010年02月

読解に集中できない理由

国語の成績があがらない大きな理由は、 実はテキストやテストの文意が読めていないことにあります。 多くの国語の授業では、テキストやテストの文章の解説をしますが、 それでわかったのでは、いつまで経っても本人に読める力がつきません。 私の読解指導は、現在個別で対面で行っていますが、 自分で文意を把握するトレーニングです。 説明文では、意味段落ごとの要旨と全体の構成を把握しながら読んでもらい、 小説文では...続きを読む
2010年02月27日 | ¦ 読む力をつける |

暗唱の意義

小学校3年までの生徒さんには、 説明的文章の暗唱に取り組んでもらっています。 暗唱というと、丸暗記なので、「頭を良くする」のと関係ないような印象を受けますが、 それは、漢字を覚えるような暗記作業とは、性格がまったく違います。 考えるためには、ものごとを考える上での 文の構造を身につける必要があるのですが、 その練習方法は確立されているとは言えません。 知的水準の高い大人の人と会話をしていたり、 説...続きを読む
2010年02月26日 | ¦ 地頭力を育てる |

コーチングですか?

先日、夏休みのスクーリングを受けた保護者の方から、 「直井先生の教え方は、コーチングに似ていますね。」 と言われました。 確かに、このブログも、もう一つの起業ブログも 読者登録されている方に、 コーチングのブログを書いている方が、 1~2割はいるのではというぐらい多くいらっしゃいます。 私自身は、書くことによって、自発的な表現をしてもらおうと考えて、 例を教えるのではなく、なるべく自分で考えられ...続きを読む
2010年02月24日 | ¦ 母+国語作文 |

手書きかタイピングか?

大人が仕事で文章を書くとき、 今のご時勢なら、手書きよりも、 パソコンで書くことの方が遥かに多いのではないでしょうか。 では、子どもの作文は、パソコンで書いてもいいものか? 反対意見で考えられるのが、 1.漢字が覚えられない。 2.発想力が妨げられる。 3.ディスプレイが目に良くない。 賛成意見で考えられる理由は大人と同じ。 1.速く書ける。 2.修正が楽。 3.漢字は変換すれば出てくるので、調べ...続きを読む
2010年02月23日 | ¦ 指導方針 |

小論文指導はお早めに

先日、入試小論文の直前指導をさせていただきました。 この方は、とてもラッキーなことに、 入学後の研究テーマが春慶節(中国のお正月)で帰国中のうちの旦那さんと同じでした。 なので、最新情報を織り込みながら、研究テーマの修正をして、 解答の作り方・取り組み方を指示し、合格答案が書けるところまでイメージしてもらいました。 ○会の通信教育も受講されているし、 小論文入試の指導をしている予備校にも通塾してい...続きを読む
2010年02月22日 | ¦ 受験を考える |

棒人間

私の作文指導では、スターシートというテンプレートを使っていて、 真ん中の空欄には、絵かタイトルに相当する短文を書いてもらっています。 先日、センターイメージの空欄が続いた生徒さんがいらしたので、 「どうして描かないの?」と聞いたら、 「絵がうまくないから。」ということでした。 あ~、早く気がついてあげれば! と、申し訳ない気持ちになりました。 センターイメージはだてに描いているわけではなく、 ...続きを読む
2010年02月19日 | ¦ 母+国語作文 |

作曲も考え中

「『地球を守る』っていう歌詞は、ウルトラマンかと思った」 という感想をもらいましたが、これは、今の子どもたちにとっては、 切実な問題だということを、気づいていない大人が多いようです。 近未来には、環境破壊により、 世界規模のあらゆる問題が発生することが予想され、 その対策は後手後手にまわっています。 そのことに、敏感な子どもたちは、 大人以上に深く未来に絶望していて、 せつな的に生きている若者も少...続きを読む
2010年02月17日 | ☆ お知らせ  |

暗唱効果

イメージ力が豊かで、 いつも楽しい絵をセンターイメージに書いているAちゃん。 真面目にコツコツ毎週作文を提出していましたが、 今、ひとつ文章力の伸びがみられませんでした。 そこで、副教材として、 いろいろなメニューをやってもらっていましたが、 2ヶ月ほど前に、説明文の暗唱を始めてもらってから、 2週目ぐらいで、説明的な文章に変化が見られ、 今、はっきり違いがわかる程、この手の文章が上手になっていま...続きを読む
2010年02月16日 | ¦ 地頭力を育てる |

ボーカルはひとり?ふたり?

エデュケーションラボのテーマソング「未来のとびら」のは、 http://ameblo.jp/edu-lab/entry-10459001044.html 以前、モニターで作曲をしてもらった方に、 会社向け作曲サービスがメニューになっているかを聞いて、 作曲を打診しました。 すると、1番の歌詞の主語が「ぼく」、2番の歌詞の主語が「わたし」なので、 ボーカルは二人必要なのですか と質問されました。 ...続きを読む
2010年02月15日 | ☆ お知らせ  |

エデュケーションラボのテーマソング

作文教室を始めて、そろそろ2年。 未来型の国語教室のコンセプトで、4月から衣替えをしていきます。 そこで、ホームページやブログに訪れた人へのメッセージとして、 こんなテーマソングを作ってみました。 作曲は、これからお願いする予定です。 『未来のとびら』                    作詞:直井 明子ぼくたちの未来には 大きな勇気がある 世界を旅して たくさんの友だちを作ろう みんなでいっし...続きを読む
2010年02月14日 | ☆ お知らせ  |

男の子と作文

編集者とか、ライティング関係の仕事の方、国語の先生など、 作文を書くことで困った経験がない という大人の方(特に女性)は、 スターシートの必要性がピンとこないようです。 けれども、男性に見ていてだくと、 東大出身の方ですら、 「こうした教え方をしてくれれば、 国語の苦手意識を持たなくて良かったのに!」 「この教え方は良い!」 という反応をもらったことがあります。 作文を教えていても、 どちらかとい...続きを読む
2010年02月11日 | ¦ 「書く」ということ |

慶應環境情報のエッセンス

慶應義塾大学環境情報学部 一般入試の小論文 2006年、2008年と過去問題を見てきて、 どうしても設問の意図がつかみ切れないと言う気持ち悪さを感じていました。 やっと、今日になり、これは、 夢を描く力とそれを実現化する力 を測定していたのかと腑に落ちてきました。 未来にむかって技術的なイノベーションを起すというのが、 同学部のコンセプトです。 しかし、夢を描くというのは、将来的には社会に有用で実...続きを読む
2010年02月10日 | ¦ 国語のテスト攻略法 |

「大学院卒」という学歴

経済誌関連のサイトから 「大学院卒」は「東大卒」をも凌駕する学歴だ http://diamond.jp/series/glad_school/10037/ 「東大」の評価は、海外では国内にくらべてあまり高くないらしい という視点があると、国際的に学歴の価値を考えるきっかけになります。 国境を超えてものを考えることが、 生き方の選択肢を増やし、リスクヘッジになるなら、 日本国内の価値観で偏差値を追...続きを読む
2010年02月09日 | ¦ 受験を考える |

イメージがエンジンになる?!

「あら、スターシート(作文を書くためのテンプレート)は、 きちんと書けているのに、作文の提出がない。どうしたのかしら。」 普段は長文のひねりが効いた文章を書くお子さんなのですが、 不思議に思ってたずねると、 「イメージが膨らまない。」 からなのだそうです。 確かに、面白い場面を想定したり、物語になると、 独創的な内容で書くことができるのですが、 今回の課題は、「わたしが得意なこと」 英語の勉強のお...続きを読む
2010年02月08日 | ¦ 「書く」ということ |

組み分けテスト全問正解!

9月から中学受験の読解指導をしている5年生の生徒さん 今回の組み分けテスト(大手塾主催のテスト)で、 国語の偏差値が50→60に上がりました。 (点数ではなく、偏差値ですよ。良かったですね。) 「短歌!短歌!」とリクエストされたので、 2回プログラムを組んで、 本の読み方を指示して、呼んでもらいました。 それで、短歌と俳句はノーミスだったそうです。 次回の組み分けテストでは、詩句は出題されませんが...続きを読む
2010年02月07日 | ☆ お知らせ  |

最新投稿

カテゴリ

  • ¦ 母+国語作文 (30)
  • ☆ お知らせ  (95)
  • ¦ 「書く」ということ (39)
  • ¦ 地頭力を育てる (46)
  • ¦ 親子関係を考える (25)
  • ¦ 教育よもやま話 (33)
  • ¦ 絵本 (8)
  • ¦ 指導方針 (28)
  • ¦ 一般書 (13)
  • ¦ 頭を育てるお稽古 (23)
  • ☆ 知的財産権  (3)
  • ¦ 勉強方法 (12)
  • ¦ 上級コース (4)
  • ¦ 小学生(学参) (12)
  • ¦ 小学生(物語) (5)
  • ¦ 小学生(教養) (6)
  • ¦ 受験を考える (106)
  • ¦ 中高生(教養) (8)
  • ☆ 出版  (39)
  • ¦ 小学生の読み聞かせ (11)
  • ¦ 基本コース (8)
  • ¦ 漢字・語彙の学習法 (31)
  • ☆ マスコミ取材  (5)
  • ◆ 作文作品紹介  (1)
  • ¦ 国語のテスト攻略法 (80)
  • ¦ 文章力を育てる (19)
  • ¦ 読む力をつける (27)
  • ¦ 中高生(学参) (5)
  • ¦ 現代文の暗唱 (4)
  • ¦ 帰国子女のための国語 (6)
  • ¦ ストラクチャー・リーディング (7)
  • ¦ 教育活動 (7)
  • ¦ 受講生・保護者の声 (2)
  • ¦ コミュニケーション (7)
  • ¦ 算数の勉強方法 (3)
  • ¦ 指導実績 (6)
  • ◆ 読解指導者養成講座  (1)
  • ◆直井メソッド国語アカデミー (4)
  • 未分類 (230)
  • ★中学・高校受験の問題 (2)
  • ★中学・高校受験の国語 (3)
  • ★国語と言葉の発達 (10)
  • ★国語塾の勉強方法 (6)
  • ★国語専門塾の作文指導 (6)
  • ★国語専門塾の漢字指導 (9)
  • ★国語専門塾の読解指導 (14)
  • ★日本語の仕組み (8)
  • 受講者からの口コミ・評判 (9)
  • 自由が丘教室便り (1)
  • 月別 アーカイブ

    著書のご紹介

     

    マスコミ掲載履歴

    2012.05.19

    「本物の作文力が身につく作文教室」(学研ムック)に、母+国語の記事が掲載されました。

     

     

    2012.03.20

    朝日小学生新聞「朝日おかあさん新聞」特別企画「子どもと作文」で作文の取り組み方についての記事が、掲載されました。

     

     

    2010.06.17

    「頭のいい子の育て方vol.12」(学研ムック)で、読解の勉強の仕方の記事が、4ページの誌面で紹介されました。

     

     

    2008.05.15

    TBS放送「ピンポン!」で紹介されました。

     

     

    2008.05.15

    産経新聞の記事「頭の中の頭の中整理整頓」に掲載されました。

    TOPに戻る